【note】独学2ヶ月で一発合格できた勉強法とは?【43点/50点】

2ヶ月で合格した私が宅建試験までに毎日やっていた習慣4選

自作のタイトルアイキャッチ
ぴよまる

日々の勉強お疲れさまです、ぴよまる(@outitimes)です。

皆さんは、生活の中で習慣づけていることはありますか?

お風呂や歯磨きなど、毎日の習慣になっているものは面倒でも自然と体が動いていますよね。

ならば勉強も習慣化してみましょう。

今までは義務的に仕方なく勉強していたものが、積極的に勉強できるようになります。

そこで今回は、習慣づくりのために私が毎日やっていたことを3つご紹介していきたいと思います。

[ad01]
タップできる目次

毎日最低10問は過去問を回す

問題集

どんなに疲れていようが、どんなに眠かろうが、毎日最低10問は過去問を回すようにしていました。

ぴよまる

というのも、かなり飽き性だったんです。
1日でも勉強しない日があると、一気にモチベーションが下がってしまう性格でした。

一度モチベーションが下がるとそこからまたエンジンをかけるには相当な時間がかかってしまうため、

毎日少しでも過去問を回して『宅建脳』を維持していました。

ぴよまる

勉強を休まないようにするというのが大事。
この習慣がつくと、逆に勉強しない日の方がモヤモヤするようになります。

よっぽど疲れているときは寝る前にアプリを解いて寝る日もありましたが、

基本的には紙の問題集で毎日解くように心がけていました。

私が使用していた過去問はこちら▼

睡眠時間を最低6時間は確保する

寝ている人

たまに、モチベーションが異常に高くて『まだまだやれる!』って日があるんです。

私は夜型なので、そういう日は深夜の2時くらいまで勉強してしまうことも少なくありませんでした。

しかし、夜更かしした次の日は眠くて眠くて、ガス欠になってしまったんですね。

睡眠不足だと勉強以外にも悪影響が出て良いことがなかったので、

どんなにモチベーションが高くても睡眠時間を6時間は確保するように心がけるようにしました。

睡眠中に記憶の整理もされていくため、睡眠を削って勉強するというのは実は非効率。

その日勉強したことを忘れないためには、ある程度睡眠を取ることも大切です。

ぴよまる

やる気があと1割程度残っているうちに切り上げて寝ると、モチベーションのガス欠が起こりにくかったです。

毎日15分は必ず宅建から離れる時間を作る

休憩する人

先ほど、毎日少しでも過去問を回して『宅建脳』を維持していたとお話しましたが、

それとは逆に、どんなに勉強を続けたくても『毎日15分』は宅建から完全に離れる時間も作っていました。

いわゆる休憩です。それも、勉強に詰まったときにこそ必ず休憩を取るようにしていました。

宅建の勉強をしていると、分からなくてドツボにハマってしまうことが多かったんです。

1問だけに何時間もかけたりとか…独学は誰にも聞けないからなおさらそういうことが多かったんですよね。

そんなときは一度完全に宅建を頭から消して、スマホゲームだったりテレビ見たり、自由な時間を作ってリフレッシュするように心がけていました。

そうすると、脳のゴチャゴチャがリセットされて『あの問題はもしかしてこういうことか?』とひらめくことも多々あったので、詰まったときこそ一度離れてみることをオススメします。

ぴよまる

逆に集中力が続かないよ!っていう人はポモドーロタイマーを使ってみるのも良いと思います。

勉強25分、休憩5分を繰り返して集中力を維持するテクニックで、YouTubeやアプリ等でも実際に図りながら勉強することができます。

ポモドーロタイマーは夫が受験期によく使っていました。集中力が続きにくい人には特にオススメです。

スモールステップのtodoリストを作る

todoリスト

今日どこの分野をどの程度勉強するのか、毎朝(もしくは前日の夜)todoリストを作っていました。

todoリストを作る際に気をつけていたのは、『よくばらない』こと。

モチベーションが高いうちは『あれも、これも!』と意気込んでしまいがちですが、

万が一それができないと一気に挫折してしまいます。

最低限必ずやるべきことをリスト化して、余裕があったらタスクを追加する。

こうすると勉強が継続しやすくなります。

ぴよまる

私も最初は『10分テキスト読む』とかその程度でした。
次の日は20分問題解く、次の日は30分…というように少しずつ段階を踏んでいき、続かなければ少し減らしてみる。この積み重ねが習慣に繋がります。

todoリストは、達成したら横線を引いていました。

今日はここまで頑張れたぞ!という達成感にも繋がりますし、

終わらなかったところもリストで可視化されているので翌日の計画も立てやすくなります。

まとめ

2ヶ月間私が毎日やってきたのは以上4つです。
もう一度おさらいすると、こんな感じ。

  • 毎日最低10問は過去問を回す
  • 睡眠時間を最低6時間は確保する
  • 毎日15分は必ず宅建から離れる時間を作る
  • スモールステップのtodoリストを作る

つまりこれらを要約すると、『毎日無理せず適度に休憩しながら勉強』しようねってことです。

でも簡単なように見えて意外と難しいのが勉強の習慣化。

自分ができるところから少しずつ始めて、歯磨きやお風呂と同じように宅建も習慣化してしまいましょう!

ぴよまる

ほなまた!

ブログランキング

ブログランキングに参加中です。

もしよければ応援お願いいたします(`・ω・´)


人気ブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
にほんブログ村

スポンサーリンク [ad03]
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

宅建試験に独学2ヶ月で一発合格|1つの資格で10回以上不合格になった経験あり|その後、勉強法を変えただけであらゆる資格に短期間で一発合格|所持している資格数は22個|宅建試験で人生を変えたい人を応援したい

タップできる目次